自分にあった勉強方法で行政書士の資格を取得しよう

女性

学校に通うメリット

専門家に教わることで行政書士に対する理解が深まる点が、学校に通うメリットです。また分からない箇所は、繰り返し尋ねることもできます。また模擬試験もあるため、資格取得のための感覚をつかむのに適しています。

町の頼れる法律家

行政書士の資格を取得すると、役所等への許認可業務や契約書などの書類作成業務などをおこなうことができます。また、その業務の幅は非常に多岐に渡りますので魅力があります。試験は、民法や行政法といった法律科目が主流です。試験の勉強については独学の他、予備校や通信講座が利用されています。

効率的な学習を行う

レディ

直前模試等を利用する

行政書士は、官公庁へ提出する書類や権利・義務に関する書類の作成、提出手続に関する業務を行います。一定以上の建設業を営む者は、都道府県知事や国土交通大臣の許可を得る必要があります。建設業の許可申請には、複雑な書類の作成が必要です。行政書士は、依頼人に代わって建設業の許可申請を行います。自動車を購入する際には、所轄の警察署へ車庫証明の申請を行う必要があります。行政書士は、自動車販売会社や自動車購入者の依頼に基づき、車庫証明の申請を行います。行政書士となる資格は、弁護士・弁理士・公認会計士・税理士などの資格を有する者、永年にわたり国や地方公共団体の公務員として行政事務を担当した者、国家資格試験に合格する必要があります。行政書士試験の合格率は、年によって変動はありますが、5パーセントから10パーセント程度となっています。市販のテキストや問題集などを使用して独学で学習することで、行政書士試験に合格することは可能です。独学で行政書士の国家資格試験に合格するには、効率的に学習を行う必要があります。テキストや問題集については、専門学校等が作成したものを使用することが効率的です。行政書士の国家資格試験では、過去に出題された問題が出題される傾向があります。専門学校等の作成したテキストや問題集は、過去の出題傾向などを検討して作成されていますので、効率的に学習することができます。また、試験直前には、専門学校等が実施する直前講座や直前模試等を利用することが効率的です。

取得に向けた学習の仕方

行政書士は法律関係の仕事上では欠かせない資格となり、その取得を目指している人も少なくありません。資格取得にはそれなりの学習が必要となりますが、多量の学習内容から要領のいい学習方法が求められます。それには、講座などの指導を受けることによって、ポイントにしぼった学習が取り組めるようになれます。