自分にあった勉強方法で行政書士の資格を取得しよう

ウーマン

町の頼れる法律家

女性

その業務や試験の概要とは

行政書士は一般的には代書屋というイメージを持たれている方もいます。しかし、取り扱っている業務の幅は実は多岐に渡る魅力のある資格です。建設業や飲食店をスタートする人が、必要な許認可申請のための書類を作成して役所などに提出するいわゆる許認可業務と呼ばれるものや、契約書類の作成、さらに会社の会計帳簿の作成まで請け負うことができます。これらの業務は、行政書士の資格がないと報酬を獲得する営利目的では行なうことができない独占業務となっているものが多数あります。この資格を取得する人の多くは、独立して自営業として行なうケースがほとんどです。行政書士の試験自体はだれでも受験することができ、年1回の割合で毎年11月の第二日曜日に行われます。中心科目は行政法と民法で、さらに憲法や商法会社法、基礎法学、一般知識といった科目構成となっています。この資格は独学でも取得することは可能です。しかし、法律科目が主流です。特に法律の勉強を過去に全くしたことが無い人の場合は、予備校や通信講座を利用する人も多いのが特徴です。法律系の試験の内容自体は、条文や判例主旨の深い理解が求められます。一般知識のほうは、大学入学試験にもなっている政治経済社会や時事問題などから出題されています。試験の合否のラインですが、合計300点満点でその60%に当たる180点以上のスコアを獲得すると合格します。行政書士試験の場合、あくまで180点以上の正解を獲得すると無条件で合格できますが、足きりと呼ばれるものがあります。一般知識と一般知識を除いた法律系の全科目のそれぞれのスコアが一定基準に満たないと、合計のスコアで180点以上を獲得しても不合格となります。そのような事態にならないためにも、試験向けてしっかり対策を行なっておきましょう。